バッド・チューニング

今週はなんか調子が悪かった。
身体は何ともないけど頭が。やらなくて良い
事をやってたり、やるべき仕事を忘れてたり。
そのうち実験そのものもおかしくなってきて、
やり直しが増えてしまった。


一番酷かったのは昨日で、朝大学に着いて
車を降りる時に、ライトを消し忘れてしまった。
警報が鳴るから気付くはずなのだが、イヤホン
を付けてから降りたので聞こえなくて。
エアコンも付けてたな。
数時間後、気付いた時にはバッテリーが
上がっていたのである。
7時10分と8時に別々の、やらなければ
ならない作業があったので、頭が一杯に
なってたのだが、それにしてもさ。


保険屋経由で連絡して車屋に来てもらった。
が、来たのが頑固で無愛想で失礼な、
岩手内陸部の嫌な所を煮詰めたような
オッさん。ムカつきました。我慢したけど。


俺、なんかおかしくなってるな、と思った。
何かが微妙に食い違っている。
ギターに例えると、チューニングが弦1本
だけズレてるような感じ。
しかもそれに気付いてない。「ジャーン」と
鳴らして、「なんかおかしいな」とは思うけど
チューニングがズレてる事に気付いてない。
いつもならすぐに気付くのに。


という訳で今日も休出。予想外に時間が
かかったけど、何とか最低のラインまで
リカバーできた。
帰りにmujinaに寄る。家で小型のヒーターを
使うのでそれを取りに来た。ついでに
水抜きをやる。ちょっと早いけど、ここ最近
急に冷え込んできたし。この辺は特に寒いので。


それからギターを1本持って来た。
マーティン・バックパッカーという小型のやつ。
30年近く前に川崎で買った。
これを車の後部座席に置いて、たまに弾こうかと
思ったらケースのファスナーが壊れていた。


特殊な形をしているので普通のケースだと
大き過ぎる。純正品は高い。どこのメーカー
でも作っていない。さあどうしたものかと
ネットで調べたら「ライフルケースが代用できた」
というブログを見つけた。確かにちょうど
良い大きさで、しかも安い。これはいい。


amazonですぐに良いものが見つかった。
買おうと思った瞬間にふと考えた。
「車の後部座席にライフルケースが
置きっぱなしになってるって、どうだろ?」


知らない人が見たら怖いよな、きっと。
考え直す事にした。一度落ち着こう。
いま、チューニングが狂っているから。

デジマート

金曜日の夜である。
明日の朝、ちょっとだけ仕事に行く
事にした。色々考えたのだが、
そうしないと来週はさらにきつく
なりそうなのだ。


ま、乾燥機を止めてサンプルを取り出す
だけなのですぐ終わる。
行き帰りの運転だけ気を付ければ大丈夫
だろう。多分。
そう言いながら今日は珍しく寝坊したり、
缶コーヒーを口に付けないで傾けて、
思いっきり服にこぼしたりしましたけどね。
大丈夫だと思います。気を付けます。


家に帰ると「デジマート」でギター探し
ばかりしている。
その時々でテーマがあって、今のテーマは
「車に積んで持って行けるアコギ」だ。
いわゆるミニギター、トラベルギターでは
なく、それより少し大きいパーラーギター
を探しているのだ。


それを車に積んで持ち歩いて、弾きたい時に
後部座席で弾きたいなと。
もう冬なんですけどね。
車を停めてる時も暖房を入れてないと
凍えてしまうんですけどね。
それがやりたくなってしまって。


そのきっかけとなったのはブルースである。
経緯を書くと長くなるので省くが、最近
ブルースを良く聴くようになり、特に
ライトニン・ホプキンスが大好きになった。
その影響でアコギでブルースを弾きたいと
思ったのである。
ブルースを弾くなら小型のアコギだなと。


ライトニンが使っているのはフルサイズの
ギブソンJ-50で、僕はそれを持っているから
買わなくても良いのだが。なんか欲しいなと。
ロバート・ジョンソンとか小さいアコギを
弾いてたなと。形から入るタイプなので。
いつも形以下で終わるけど。


パーラーギターは昔から好きで、安いものを
何度も買っている。でも絶対に飽きる。
最初は小さくてかわいいなーと思うけど、
音がなんか荒いな、雑だなと思うのだ。
だから良いものを買いたいけど、良いものは
とんでもなく高くて買えない。
さあどうするか、ということを考えながら
ひたすら探すわけで、これが楽しいのである。


良さそうなのを見つけると、次はYouTube
そのギターの試奏動画を片っ端から観る。
録音の仕方で音は変わるけれど、傾向は
分かる。「このギターはパワーがあるけど
雑味が多いな」とか「一見綺麗に聴こえる
けれど表面的な音だな」とか。
もしくはMartinのギターがそうなのだが、
「すごく良い音。惚れ惚れする。でも
好みと違うな」とか。


これをやっていると時間があっという間に
過ぎる。ずっと部屋に篭っているので母が
心配して声をかけて来るのだが、違うのよ。
楽しいんだよ。この時間が無いと困る。
毎日チェックして、欲しい機種は固まった。
今すぐ欲しいけど、タイヤがね。
あれが無ければ買えたのになあ。

7千円と2点

朝7時に家を出てすぐの事。
バックミラーを見たらパトカーが
赤いライトを点灯しながら後を
追ってきた。一瞬「ん?」と思ったが
すぐに気が付いた。
「一時停止してなかったんだ」


田んぼ道を抜けてすぐの所だ。
一時停止ということすら忘れてた。
「車が来てないなー」しか考えてなかった。
車を停める。若い警官がすまなそうに
やってきて「あのですねー」。
分かっております。お縄、頂戴致します。


2点減点、罰金7,000円。あああ。
久しぶりだな違反するの。赤バイク時代、
年末の忙しい時にやはり一時停止違反で、
若い警官に捕まった。やっとゴールドに
戻したのに。あああ。来年の保険がまた
上がってしまうな。あああああ。


ガックリ来ていた所に追い打ちが。
「左のブレーキランプ、切れてますよ」
嘘お。こないだ点検したのに。
去年交換したばっかだし。うそお。
……切れていた。キップを切られた後、
すぐにこないだタイヤを交換した
スタンドに行って、交換してもらった。


祝日の朝7時に、あんな田んぼ道で
張ってるなんて。鬼か悪魔かあ?と思った
が、普段の僕なら気づいているのだ。
「あんなとこで張ってたって捕まるバカ
いねえだろ」って鼻で笑ってた筈だ。
ここにいたよバカが。あああ。


気持ちを立て直しながら大学へ。
この支出は痛い。もうすぐタイヤ購入分の
支払いがあるのに。その後は車の修理代が
あるのに。参った。


とりあえず今日作業すれば土日は休みだから、
と思ったが、ここでまた想定外の事が起きた。
新しく作った化合物、でも構造的には今まで
作ったやつとほぼ同じ、が予想外の挙動を
示しまして。これだと土曜日もちょっと
出なきゃならない。


朝に乾燥機を止めに来るだけだからいいか、
と思ったが「いや、やめよう」と決めた。
そんな事やってるから捕まったのだ。
これは多分警告で、休まないと次は事故を
起こすかも知れない。
確認してみたら、今月に入ってから殆ど
休んでなかった。危ない。チューニングが
狂い始めている、かも。


昼まで実験して、寄り道せずに帰って寝た。
起きてまた後悔が。
ななせんえんとにてんが痛いよお。

止まりたい止まらない

「♪つながってるぞう、スケジュールがもう♬」
歌いたくなるのである。奥田民生である。
さすがにちょっとやり過ぎではないかと。
そんなに働かなくても良いではないかと。


こないだは休みを取って撮影に行って、
それは楽しい時間で。久慈ではひさびさに
鮮やかな光の下で写真が撮れて楽しくて、
その後の岩手町では逆に撮れなくて、
2時間半歩きっぱなしで途方に暮れて。
それはそれで楽しかったのだがその前後が。


朝、久慈行きのバスに乗る前に大学で
乾燥機を止めてサンプルを取り出して、
夕方撮影帰りにもう一度大学に寄って
また別のサンプルを濾過して乾燥機に
入れてスタートして帰った。
翌日の金曜日は7時に早出して、
日曜日にまた昼からガッツリ実験して。
その合間にはびっしり家の用事だった。
休んだ気がしない。今日の帰り道、
運転しながら考え事をしていたら隣町まで
行ってしまった。つながってるぞう。


さすがに反省した。そんなにやる必要
ありますか?と。連休で時間が無くて、
それでも報告会が2週間おきにあるから、
とか言ってたけど、そこまで休みを切り詰める
必要があるか?と私は私に問いたい。
どうなんだ、君?


そもそも誰にも「休むな」なんて言われて
ないのだ。個人の裁量でやっているだけなのだ。
確かに私は詰め込み教育世代ではあるけれど、
そんなガシガシやるタイプではなかった。
周りがガシガシやる中、一人ゆとりを先取り
していた筈だ(勉強してなかったのよ)。
いつからこんな詰め込み押し込み体質に
なったのだろう?気が付くとスケジュールを
自分でどんどん埋めている。


思い当たる節はあるけど、それは置いといて。
休みましょう、そろそろ。
明日また休出するけどそれで終わりにしよう。
そう自分に言い聞かせながらこれを書いている。
もう11時だ。寝るかあ。

久慈へ

朝4時起床、50分に家を出て、
5時40分に大学到着。早過ぎた。
そこまで早く出なくても良かった。
やり過ぎるんだよな、俺。


乾燥機を止めてサンプルを計量して
作業はおしまい。少し休んでから
バス停へ。途中の景色が良かったので
少し撮る。散々撮ってきた場所だけど、
まだ新しい見え方があった。
いや、撮った事を忘れてるだけか。


6時35分発久慈行きのバスに乗る。
滝沢に入った所で目の前の景色が
パッと広がった。牧草地と岩手山
普段見る景色と全く違う。
田んぼもあるけどそれ以上に畜産と
林業が増えた。岩手山もかなり近い。
こんなに違うんだ!


次に眼に飛び込んできたのは岩手川口
続いて沼宮内の町並みだった。
朝日に照らされて古い商店や住宅や
看板が鮮やかに現れた。


心がグッと掴まれる。ああ、忘れてた。
そうだ。知らない町に入った時の、
この感じを忘れていた。心の奥を
掴まれて揺さぶられるこの感じ。
カメラを持ってその中に入る喜び。
大事な事を忘れていた。


涙が溢れてくる。そうか。本当に
遠ざかっていたんだなあ。
でも、帰ってきたんだな。


その後も撮りたい風景がいくつも
いくつも現れた。葛巻高原を越えた
あたりでは雪も降り出した。初雪だ。
あと20分ほどで久慈に到着する。
はやる気持ちはあるけれど、まあ
のんびり行こう。思い込みが強すぎると
上手くいかないからな。

dockの外へ

先月、人事部からメールが来た。
「年休を取ってください」
働き方改革だか何だかで僕の場合
あと1日は年休を使わなければ
ならないらしい。なんだそれ。
指図は受けたくないなあ。


でもまあ「休め」と言われて怒る奴は
いない。この職場は年が明けると次の
年休が入ってくるので、今年中に
休まなければならない。今はモノマー
合成中なので、土日もどちらか1日は
出て来ないと工程が繋がらないのだが、
仕方ない。休むかあ(ニヤニヤ)。


という訳で、明日17日は休みである。
スケジュール上、朝は乾燥機を止める為に
大学に行かなければならないが、とにかく
休日だ。撮影に行くことにした。


岩手に帰ってからはずっと盛岡だけを
撮ってきた。コロナの影響もあるが、
何より盛岡を撮るのが面白かったからだ。
同じ土地を1年通して撮った事が無かった
ので、それもやってみたかった。
それも一段落ついたので、県内の今まで
あまり撮影したことのない場所を順番に
撮ることにしたのである。新シリーズだ。


先週から電車やバスの時間を調べていたが、
段々とかつての記憶が甦ってきた。
3年前までは、ずっとこんな事してたな。
時刻表見て列車やバスの接続を確認したり、
地図を見てどんな場所か想像してみたり、
実際に行ってやれやれと途方に暮れたり。
楽しかった。
元々そういう事が好きで、それにカメラが
くっ付いて写真家になったんだった俺。
忘れてた。


旅に出るのはずっと好きだし今でもあちこち
出かけたいと思っている。
でも写真を撮るとなると「岩手だけでいいん
じゃないか?」と考えるようになった。
旅に出て撮影するのはいつも楽しいけれど、
帰ってきて写真を見た時に「あれ?」と
首をかしげる事が増えたのだ。
実際、横浜時代の展示の後半は岩手か横浜の
写真が多い。去年、今年と上京したけど、
殆ど撮らなかった。面白い景色なんだけど。


写真家として今興味があるのは岩手、現在の
生活圏なんだなと思っていたが、撮影計画を
考えている時のこのワクワクは何なのだろう?
体の内側に湧いてくるこの感覚は何なのだ?


という訳で久々に外に出てきます。
一度大学に出て、その後6時半発のバスに
乗って撮影に行く。久慈と二戸という、
今まであまり撮ってこなかった県北地域に
行ってきます。


その為に先週から実験をバンバン繰り上げて
まして。今週に入ってからは家を出る時間が
毎日30分ずつ早くなっている。
明日は5時に出ます。
撮影に行こうと思ったら全く苦にならない。
腰痛も治りました。そんなのどうでもいい。
という訳で、もう寝ます。

アラーム

朝起きたら腰が少し痛かった。左の後ろ。
来たな、と思った。20代の頃に軽い椎間板
ヘルニアを患って以来、疲れると腰に来る。
そのままにしているとある日突然身体が
棒になって動かなくなる。
まあ、それほど酷くは無さそうだ。


一昨日の土曜日は朝早く起きて大学へ。
乾燥機を停めてすぐ帰る。
母を乗せて買い出しへ。2時間程で
また家に戻り、冬タイヤを車に積み、
少し離れたガソリンスタンドへ。
新しいタイヤを買ったので交換してもらい、
古いタイヤは処分してもらうのだ。
待ってる間に何故か、普段飲まないエナジー
ドリンクを飲む。なぜだ?


しばらくして整備の人が来た。
iPadを片手に来たので嫌な予感がする。
「あのですね」


予感は的中。マフラーやら底部の錆が進んで
ます、とかミッションオイルを一度も交換
してなかったようで真っ黒です、などなど。
吹っかけられてるのかも知れないが、
10年前に買った車だし、明日は峠越えだしと
思うと気になる。悩んだ末に、全部では
ないが塗装、交換してもらう。
総額2万1千円也。いいカモだ。ツルなのに。


クレジットとは言えお金無いなー、これからも
色々出てくるのかなー、車って金かかるなーと
考えながらガソリンを入れていたら、一度
止まったのにまたレバーを引いてしまい、
ガソリンが溢れ出してしまった。
「あーあーあーあー!」


気持ちを切り替えて、翌日は父の三回忌の為
岩泉へ。峠越え、結構慣れた。
母と叔父二人を乗せるのでその点は緊張する
けれど、まあ何とか。


法事の間は割と余裕が無くて、喪主として
失礼が無いようにという事ばかり考えてしまう。
身内だけなのだが、余計に考えてしまう。
毎回そうだ。最後の挨拶も「なんか上手く
やれないなあ」と毎回落ち込む。
父に申し訳ないなと、いつも思う。


全て終わって、墓地を眺めている時に
ようやく、色んな事を考える事ができた。
3年か。もうそんなに経つのか。


ここまでは良い天気だったが、帰る頃には
雨が降り出した。でもそんなに気にしない。
毎回そうだもの。四十九日の時なんて雪が
降ったからな。あれに比べれば大したことは
無いとか言いつつ、叔父二人を無事に家まで
送った後はがっくり力が抜けた。
ああ、良かった。ホッとした。


という事があった翌朝、だった訳です。
その前から忙しかったから、まあ腰痛くらい
出てもおかしくはないわな。
休みたいけど今日から3日間は色々あるのよ。
ここは慎重に行きます。