カスタマイズ

「改造」とか「カスタマイズ」という
単語に興味がある。多分子供の頃に観た
仮面ライダー」などの実写ヒーロー物や
漫画、アニメの影響だ。


でも自分ではやらない。不器用なので。
やってみた事はある。子供の頃、車の
プラモデルを作るのが好きだったので
それをカスタマイズしようと色々試みた
のだが、ほぼ全て失敗した。


そもそも何かを普通に作ることすら
苦手なのである。電子工作も好きで
小学生の頃からハンダごて片手に色々
作ったが、殆ど失敗した。
鳴らないラジオを何台作ったことか。


僕の父はバスの整備士で、電子工作も
金属加工もお手のものだったし、木工も
本当に上手かった。その父に教えて
もらったのに、まあ下手だった。
つくづく思うのだが、僕は親の良い所を
何一つ継いでいない。


機械いじりが大好きだったけれど、
あまりに向いてないのでやめた。
ただ機械を操作する方は得意だったので、
中学に入ってからシンセサイザーやら
音楽機材にハマる事になる。


その僕が最近家でエレキギターの調整を
するようになった。ギターを弾く人って
最低限の調整は自分でやるのだが、
僕は不器用なので一切やってこなかった。
何もしないか、専門家に任せるか。
でも今回、自分でやってみようと思った。


きっかけはこないだ買ったストラトだ。
弾き始めてすぐに「作りは良いけど
調整ができてない」と気付いたのだ。
専門家にお願いしようと思ったが、盛岡
には楽器店が少ない。個人でリペアを
やっている人もいて、東京で長年やって
いた人らしいが、色々手続きが面倒そう
だったので自分でやる事にした。


だいぶ昔に買ったギター・メンテナンス本
YouTubeを見ながら、一つずつ慎重に
進めた。基本的な事しかやらなかったが、
それでも格段に良くなった。
弱かったセンターとリア・ピックアップの
音に張りが出て、強いけれど雑だった
フロントの音は輪郭がはっきりした綺麗な
音に変わった。こんなに変わるのか!


今まで買ったギターに申し訳ないなと
思った。きちんと調整していればもっと
良くなったのに、粗末に扱ってしまった。
ギターの調整もできないくせに、何本も
買い集めてしまった。申し訳なかったなあ。


なんだか楽しくなってきたので、次は
どうやったらもっと良い音になるか
考え始めた。パーツ交換が手っ取り早い
けど、それはまだハードルが高い。
一番簡単そうな背面のスプリング交換を
やってみた。ヴィンテージ・ギターで
使用しているものに近い、張力の弱い
スプリングを買って交換した。


マニュアルに従い、本数を3本から
5本に増やしたら、それだけで生音が
大きく、張りのある音に変わった。
しかも、最初の調整で直せなかった所が、
スプリングを交換しただけで直ったので
ある。これには驚いた。
もう1本のBacchus製ストラトも同じ
スプリングに交換したが、こちらも音が
クリアで張りのある音に変わった。


という訳で今は、他のパーツを自分で
交換できないか検討中である。
40年ぶりにハンダごてを使うかもーと
考えた途端に、自分の頭にザザーっと
冷水が。


何回同じ目に遭ったら気が済むねん。
やめとけ。絶対失敗するって。
大学で実験やってても分かるでしょ。
基本的に雑なんだから、あなた。
……でもさあ。